読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケログ ~くだらないことに本気を出す~

Don't think, enjoy. いい大人がくだらないことに本気を出します。まずはディズニー365日。

the 305th day ~キャストさんが爽やかすぎてwishシールの紹介が皆無~

 

みなさんこんばんは。

この日は2月14日、ふと高校3年生のときのバレンタインのことを思い出していた漢TKCです。

 

 

 

 

 

今から9年前のバレンタインデー…

 

 

 

 

当時から何かおもしろいことをしたくて仕方のなかったTKC

 

 

 

バレンタインデーという日にかこつけて、あることを思いつきました。

 

 

 

 

それは…

 

バレンタインデー当日の朝、仲の良いやつら(男子)の下駄箱にこっそりチョコを忍び込ませ教室に来たときのリアクションを伺おうというもの。

 

 

 

 

アシスタントとして

 

 

takenoko6285.hatenablog.com

 

 

このとき紹介した安藤君を召喚。

安藤君はこの時点で、2年前のバレンタインに彼女と付き合うきっかけとなるチョコを貰っていたので余裕なのである。ちなみにその彼女は現在の彼の奥さん。(詳しくは上のブログを参照)

 

 

 

2人で前日にチョコを買い。

当日はいつもより早く学校に着き、各々の下駄箱へチョコをセット。

 

 

あとはみんなが来るのを待つだけ…

 

 

 

1人…

「おい、チョコ入ってたッ…!!!」

 

 

 

また1人

「おはよー」(ノーリアクション)

 

 

 

そしてまた1人

「…なぁ、これ誰や入れたの?www」

 

 

 

各々が個性的なリアクションをする中、最後の1人が。

 

 

 

 

「…俺の下駄箱にこれ入ってたんやけど…。」

 

 

 

 

「どんなチョコ?みんなで分けて食べようぜ。」

 

 

 

 

「いや…チョコじゃなくて…。」

 

TKC、安藤(ニヤニヤ) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:takenoko6285:20170216184510j:image

 

「たくあん入ってた…」

 

 

 

たくあんはお昼にみんなで食べました。

チャンチャン。

 

 

っていう高3のバレンタインデー

 

 

 

 

 

 

 

でも、このままだと安藤君は手伝ってくれたのに何もあげられてない。

 

 

そこで、TKCはその日タイミングを見計らって安藤君に内緒で用意したチョコを下駄箱にセットしたんですね。

 

 

んで、帰りに一緒に帰ろうと下駄箱開けたらTKCからのチョコが入ってるっていう、何故男にそこまでのサプライズを仕掛けるのか意味がわからないが本気のサプライズ。

 

 

 

 

 

 

そして、下校の時間。

下駄箱に向かうTKCと安藤。

 

 

TKC(安藤びっくりするやろな。ニヤニヤ。)

TKC(ていうか、安藤こっち見すぎやろ。早く下駄箱の中見てくれや。)

 

TKC(……ん?俺の下駄箱の中なんか入っ…)

 

 

 

 

 

 

TKC「チョ、チョコ入ってるゥゥゥ!!!!!」

 

 

TKC「あ、安藤!俺の下駄箱にチョコ入ってる!遂に俺の時代がッ…!!!」

 

 

 

 

 

 

 

安藤「あ、それオイラから。」(ニコニコ)

 

 

 

安藤「こっちはTKCからでしょ。ありがと。」

 

TKC「お、おふぅ。/////」

 

 

 

 

恥ずかしながら男にキュンとした高3のバレンタイン。

 

 

いい思い出です。

 

 

 

 

 

TKCが好きなのは女性です。

 

 

 

 

 

それなのにいつからでしょうね。

 

 

 

こんなに恋愛要素のあるイベントが嫌いになったのは。

 

 

 

そんなことを思い出しながら

バレンタインディズニー、スタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まじで違う

 

 

この日は

 

f:id:takenoko6285:20170216192223j:image

 

そこらじゅうから

 

「ハッピーバレンタイン!」

「素敵なバレンタインを!」

 

と、聞こえてきて次第に心の闇が大きくなるTKC

 

 

 

こんな日は可愛い女性にwishシールもらってすぐに家に帰ってやる!!!

 

 

 

 

可愛い女性…

 

 

 

可愛い女性…

 

 

 

可愛い女性…

 

 

 

 

 

あっ…!!!

 

 

 

 

そして、たどり着いたのは…

 

f:id:takenoko6285:20170216193041j:image

 

爽やかメガネ男子

 

TKCは女性が好きです。

 

 

 

 

早速、企画の説明をすると

 

 

 

キャストさん「これはもえますねー!」

 

 

 

TKC(え!?萌える!?俺に!?)

 

 

TKC(いや、でも俺たち同性だし…俺は女性が好きなんだ。俺は女性が好きなんだ。)

 

 

f:id:takenoko6285:20170216193453j:image

 

TKC(真剣に書いてる姿も爽やかやな…)

 

 

 

 

TKC(いやいや!何を思ってるんだ俺は!!!)

 

 

 

 

 f:id:takenoko6285:20170216194206j:image

 

TKC(とりあえず2ショットで撮っとこ♡)

 

 

 

 

TKC(いやいやいやいや!!"♡"じゃねえから!!!ピンクもやめろまじで!!!)

 

 

 

 

TKC(俺は女性が好き…俺は女性が好き…俺は女性が好き…)

 

 

 

 

キャストさん「できました!!!」

 

キャストさん「自分これしか描けないんですけど精一杯やりましたよー!」

 

 

と、いう彼。

 

 

 

そんな彼の作品

 

 

エントリーNo.11

『爽やかメガネ(マイク)』

 

f:id:takenoko6285:20170216194618j:image

 

メガネってやっぱり、もっさりとした印象を受けがちですが、そこを自分の雰囲気と上手くマッチさせ一陣の風が通り抜けたかのような爽やかさを持つ彼。

wishシールを集中して描いている際の顔は真剣そのもの。たった1人の客にも手抜きをしない、そんな彼。

 

 

 

f:id:takenoko6285:20170216195053j:image

 

爽やかです♡

 

 

 

あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"!!!!

 

 

違う違う違う!!!

何を言ってるんだ俺は!!!

 

 

 

 

 

と、とりあえず

 

 

 

デュエル開始ィィィ!!!

 

f:id:takenoko6285:20170216200428j:image

 

 

 

 

 

 

結果…

 

 

勝者:ミニー

 

 

強い。強すぎる。

ミニーを止められるwishシールはこの世に存在するのかどうかすら怪しく思えてくるレベル。

 

 

 

そんなことより、お兄さん残念だったね。

 

たった一つ描けるマイクを一生懸命描いてくれたお兄さんの姿はTKCの目に焼き付いて離れません。

 

まさに完全燃焼と言ったところでしょうか。

 

 

 

ん?

 

 

完全焼…?

 

 

 

そういえばさっき…

 

 

キャストさん「これは"も"えますねー!」

 

 

 

萌える×

燃える◯

 

 

 

 

 

ア"ァァーーーーーーッ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:takenoko6285:20170216195542j:image

 

このお兄さんはロストリバーデルタのあたりにいました。

ただ、なんか制服違うし何をしてどこにいる人なのか詳しくはわかりません。

みなさんも見かけられましたら

 

f:id:takenoko6285:20170216200551j:image

 

是非マイク描いてもらってください。

 

 

 

TKCは女性が大好きです!!!

 

 

 

 

 

 

 

~あなたの心にスプラッシュ~

 

f:id:takenoko6285:20170216200236j:image

 

来た時に息上がりまくってた女性

 

 

f:id:takenoko6285:20170216200623j:image

 

バレンタインじゃがりこくださった女性

 

 

f:id:takenoko6285:20170216200613j:image

 

舞浜駅で電車が発車する1分前に声をかけてくれたけど時間が時間だったので全然絡めなかった爽やかmen's ♡ ///////

 

 

 

 

TKCは女性が大大大好きです

 

 

 

 

 

スプラッシュお兄さんはディズニーを楽しむ方々を全力で応援します。

 

 

 

 

 

 

 

 

次回『予選』